京都市下京区(四条堀川西南角)の産婦人科、産科婦人科福岡医院の最新情報。
よくあるご質問や最近の話題について解説しています(随時更新中)。

院長室から

風疹抗体検査の公費負担(京都市/京都府下)について

2014年04月23日(水) | 院長室から 

風疹抗体検査の公費負担制度について

 

☆ 京都市/京都府下に在住の方で、以下の条件を満たす方は、風疹抗体検査を無料(公費)

  で受けることができます。

(1) 主として近い将来に、妊娠を希望する方

(2) 風疹抗体価の低い(※)妊婦の夫、または妊婦と同居している方

 

   ※ 検査でHI抗体価が16倍(x16)以下、またはEIA価が8.0未満

 

 ただし、(1)(2)ともに、以下の方は対象外となります。

A. 過去に風疹抗体検査を受けたことがある方

B. 2回の風疹予防接種歴がある方

C. 過去に風疹にかかったと診断された方

 

☆ 検査実施期間: 2017年4月~2018年3月

 

要   予   約  : 事前に当院への予約が必要です

 

持参する書類

1)対象となる女性の場合

健康保険証や運転免許証など、住所(京都市または府下在住)が確認できるもの

2)妊婦の同居者の場合

妊婦さんと同じ住所であることを証明する書類

妊婦さんの抗体価が低いことを証明する検査結果(当院で検査された方は不要)

 

☆ 京都市在住の方については、検査で抗体価が低いと判明した場合、麻疹・風疹

  混合ワクチン(MRワクチン)の接種が公費で補助されます。

  ただし、ワクチン接種の1ヶ月前から接種後2ヶ月間は避妊が必要です。

 

☆ 上記対象以外の方(A~Cに該当する方)でも、風疹抗体検査は受けられます。(有料)

  この場合、予約は不要です。

 




 


院長室から 記事の一覧

copyright(c)Fukuoka Ladies'clinic all rights reserved