京都市下京区(四条堀川西南角)の産婦人科、産科婦人科福岡医院のお伝えする、出産にあたって大切なこと。
産後の母乳哺育や沐浴の指導、健診についても説明しています。

出産

  • 当院での出産
  • ご家族の立ち会い
  • 産後のケア
  • 里帰り出産
出産を迎えるにあたって大切なことは・・・

いざというときにパニックに陥らず、冷静に乗り切ることができるように、心の準備を。
もっとも大切なのは、出産というものについて、前もってイメージトレーニングをしておくことです。

その中で、自分の出産をどんなふうにプロデュースしたいか、考えてみる余裕を持つのもいいことです。

ただし、分娩の経過には個人差があり、必要な処置なども当然、経過により変わってくるということも、
知っておいていただきたいと思います。

良いお産とは?

生まれるまでの経過は、人によりさまざまで、一般的にいう軽いお産もあれば、時間のかかるお産もあり、
また中には帝王切開が必要になる場合もあります。

たとえ思い描いたとおりに進まなかったお産であっても、産んだことの充実感と、
生まれた赤ちゃんへの愛情で幸せいっぱいになれる・・・
それこそが「良いお産」なのではないでしょうか。

当院での出産

安全かつ快適な出産

出産に関しては・・・

母児両方の安全性を第一に考えたシステム作り、設備面の整備を行っていますが、できるだけ快適な出産をしていただくための環境作りや、オーダーメードのきめ細かなケアも大切にしています。

不安のない産後の生活

産後は・・・

心身ともにリラックスして、お産の疲れを癒していただける環境を整えています。その上で、不安なく退院していただけるよう、それぞれの方の体調やペース、リズムに応じた個別のケア/指導を行っています。

出産が近づいたら、助産師と一緒にバースプランを立てていただきます。

まずは、一般的な分娩の経過について知って下さい。


安全面からは・・・・・・・・
経過により、母児の安全のために行う可能性のある治療や処置、手術などについて、
納得できるまで話を聞いて下さい。
快適性という面から・・・
どんなことができるのか、確かめて下さい。

後期マザークラスでも、イメージトレーニングや呼吸法の大切さを強調しています。

そのために分娩室・陣痛室の見学や、呼吸法の練習をしていただきます。
ただし呼吸法についても、練習を繰り返すことより、イメージトレーニングの一環として、なぜこれが大切なのかを
しっかり理解していただくことの方が重要だと考えています。

▲ページトップへ

ご家族の立ち会い

陣痛室での付き添い

陣痛室では、ご家族に付き添っていただけます。ご本人が最もつらい時期を乗り切れるよう、サポートしてあげて下さい。
励ましの声をかけたり、腰その他の痛い場所をさすってあげたり、あるいは呼吸法を一緒にしてあげることもよいでしょう。

分娩室での立ち会い

分娩室での立ち会いは、基本的にご主人またはご家族の方お一人とさせていただきます。立ち会われる方は、ご本人の横に立って、生まれる瞬間までしっかり励ましてあげて下さい。
(お子様の立ち会いをご希望の方は、あらかじめご相談下さい。)

▲ページトップへ

産後のケア

当院は、お母さんにも赤ちゃんにも優しい産院でありたいと考えています。

クリニックならではの小回りがきく特性を活かし、流れ作業ではない、一人一人の患者さんに応じた、
オーダーメードのきめ細かなケアを心がけています。

産後のケアや指導についても、それぞれの方(母子)の体調やペース、
リズムに応じた個別の対応を行っているのが特徴です。

たとえば授乳も、決められた時刻ではなく、赤ちゃんの生活リズムやお母さんのペースに合わせて行います。

母児同室/異室について

赤ちゃんをベビールームでお預かりするか、
お母さんと一緒にベッドルームで過ごしてもらうか・・・

それは、母児それぞれの体調や、退院後の環境などを考慮した上でアドバイスをしていますが、患者さん自身のご希望を優先します。 もちろん、その時々の体調に応じて変更することも可能です。

入院中のケア/指導

退院された後も不安なく育児ができるよう、赤ちゃんの世話や 母乳哺育のことなど、助産師達看護スタッフが懇切丁寧に指導しています。

沐浴指導

退院前に行いますが、ご主人も見学したり、体験したりすることができます。 当院作成の指導用DVDでも学習できます。

母乳哺育の指導

退院後も母乳哺育を続けていけるよう指導しますが、一律に完璧な母乳哺育を強制するのではなく、ストレスなく育児ができるよう、それぞれの方の要望や状況に応じた指導やアドバイスを個別に行うようにしています。

*分娩直後の早期授乳について ~母児のスキンシップはお産の直後から~

分娩直後から早期授乳を開始しています。
(ご希望の方には同時にカンガルーケアも行っています)
早い時期から赤ちゃんが吸って乳頭を刺激することで、母乳も出やすくなります。

アロマセラピー

産後の疲れを癒し、リフレッシュしていただくため、マタニティ・アロマケアに精通したセラピストが、
アロママッサージをいたします。
(初回は無料)

退院後

授乳や育児の不安・トラブルなどに対し、さまざまな形でケア/アドバイスをしています。
当院で出産された方については、電話での相談も随時受け付けています。

産後の健診

内容:
お母さんの診察、検尿、血圧測定 など
赤ちゃんの診察、身体測定 など

*1ヶ月健診

通常産後1ヶ月頃、母児の健診を行います。

*1週間健診(産後早期健診)

主に初めての出産の方を対象に、退院後1週間頃にも健診を行っています。
退院後のこの時期に、自宅での子育て、授乳などが順調にできているかどうかを確認することが主な目的です。
健診結果に基づいて、その後の哺育について相談していただくことで、また安心して育児に取り組むことができます。

▲ページトップへ

里帰り出産~お里帰りで当院での出産を考えておられる方へ~

分娩予約の手続きについて

*手続きの詳細は、お電話(075-821-3131)(平日9~17時)
またはFAX(075-821-3655)でおたずね下さい。


*ご希望の方には、分娩予約の書類を郵送致します。
書類を返送または持参していただいた時点で、予約登録をさせていただきます。


*予約手続きは、予定日の2ヶ月前までにお願いいたします。
(分娩予約多数の場合は、やむを得ずお断りする場合もありますので、あしからずご了承下さい。)

*後期マザークラスについては、当院受診後にご案内させていただきます。


*分娩予約を済まされた方については、ご希望があれば、中期マザークラスにも参加していただけます。


マザークラス

当院受診の時期について

経過に何も問題がなく、合併症もない場合

*予定日の1ヶ月以上前(妊娠9ヶ月)には受診して下さい。
*無理な場合には、ご連絡をお願いします。

上記以外の場合

逆子(骨盤位)、前回の出産が帝王切開、赤ちゃんが週数のわりに小さい(子宮内胎児発育遅延)、
早産傾向がある、前置胎盤・・・など

*できるだけ早いうちに、遅くとも9ヶ月の前半(33週頃)までに受診して下さい。

*合併症や症状の程度によっては、提携先の高次医療機関への紹介が必要になる場合もあります。

前医からの紹介状について

今かかっておられる病院または医院からの紹介状は、可能な限りもらってきていただければ助かります。
(とくに、何か問題がある場合には絶対必要です。)
少なくとも検査データを持参していただくと、検査の重複が避けられます。

▲ページトップへ

copyright(c)Fukuoka Ladies'clinic all rights reserved