ページの先頭へ

京都市下京区(四条堀川)の産婦人科、産科婦人科福岡医院のよくあるご質問や最近の話題について解説しています。

075-821-3131
  1. 産科婦人科 福岡医院ホーム
  2. よくあるご質問(産科)
  3. 最初に産婦人科を受診する時期は? / 妊娠初期の診察(妊婦健診)でわかることは?

お知らせ

最初に産婦人科を受診する時期は? / 妊娠初期の診察(妊婦健診)でわかることは?
2018.07.10

<妊娠4週>妊娠しているかどうかの確認
尿の妊娠検査薬で妊娠が判明するのは、性交渉により妊娠が成立(受精)してから2週間ほど経過した頃です。生理周期が一定の方ならば、来るはずの生理が来ず、「もしかしたら・・・」と思い始める頃です。この時点で、妊娠4週(2ヶ月初め)という時期に相当します。この頃にはまだ、「つわり」の症状は始まっていないことが多いです。

妊娠4週では、超音波診断を行っても、子宮への着床を確認できないことがあります。

<妊娠5週>子宮外妊娠ではないかどうかの確認
上記の時期から1週間ぐらいたつと、超音波で子宮内に、「胎のう」と呼ばれる袋が確認できるようになります。これが確認できれば、異常な場所への着床(子宮外妊娠または異所性妊娠)ではなく、子宮内に着床した正常妊娠であることがわかります。

子宮外妊娠の場合には、突然腹腔内への出血が起こる可能性があるので、妊娠初期に子宮外妊娠ではないことを確認するのは、とても大事なことです。

<妊娠6~7週>胎児の心拍の確認
6週後半~7週になると、超音波で、胎のうの中に臍帯・心臓の拍動(心拍)が確認できるようになり、胎児が確実に育ってきていることがわかります。

<妊娠8週以後(3ヶ月)>予定日の確認(決定)
胎児の姿がより鮮明になり、また体を動かす様子が見られるようになります。胎児の大きさから予定日を決定します。

妊娠初期の産婦人科への受診(健診)について
最初に受診するのは、上記の理由から、予定の生理が1週間ほど遅れた頃(妊娠5週頃)がお勧めです。

また胎児が順調に成長していることを確認するために、妊娠初期にはおよそ2週間ごとの健診(超音波診断)が望まれます。

初めて受診される方へ
里帰り出産について
産科婦人科 福岡医院
産科婦人科 福岡医院

産科婦人科 福岡医院

〒600-8481
京都府京都市下京区四条堀川町257
TEL/ 075-821-3131
お問い合わせは 9:00~17:00(平日)

アクセスマップはこちら

診療時間

休診日:日曜、祝日

午前
9:00~12:00
午後
5:30~7:30
産婦人科 福岡医院075-821-3131

〒600-8481 京都府京都市下京区四条堀川町257

産科婦人科福岡医院は、京都市の中心部にあり、下京区・中京区はもちろん南区、上京区、北区、右京区、東山区、西京区、左京区、山科区、伏見区からのアクセスも大変便利です。

アクセス

  • 阪急・京福電車 四条大宮より 東へ200m
  • 地下鉄烏丸線 四条駅より 西へ400m
  • 地下鉄東西線 二条城前より 南へ800m

産科婦人科福岡医院は、京都市の中心部にあり、下京区・中京区はもちろん南区、上京区、北区、右京区、東山区、西京区、左京区、山科区、伏見区からのアクセスも大変便利です。

駐車場のご案内

駐車場案内地図
診療時間
(午前) 9:00~12:00
(午後) 5:30~7:30

※受診の予約は不要です。

休診日:日曜、祝日

診療時間

9:00~12:00
5:30~7:30

※受診の予約は不要です。

休診日:日曜、祝日